検索
  • tsiswithus

クラファン本当にありがとうございました!!!

こんにちは!

「Tasting Tourette&Friends」の青木です。


あまりにハードだったので、一呼吸置かせていただいて、書かせていただいています。


9/1〜10/17、クラウドファンディングを実施しました!

前準備や、発送まだの方への対応・ハロウィン企画もあるので、まだ終わっていませんし、表に出ていない準備を含めると+数ヶ月かかっています。

ファンドしていただける公開期間はこのたび終わりまして、わたしたちは駆け抜けました!


ご支援いただいた・関わってくださった・気にかけていただいたみなさま、本当にありがとうございました!!!

本当にありがたい応援をいただき、かけがえのない経験させていただきました。



最後の追い込み配信、リンクを載せておきます。

こちらがあるので、青木のFacebook Pageでの配信アーカイブは消去いたしました。

Facebookで配信したからこそ注目していただき、応援いただいたり観ていただいた方も多く、本当にありがとうございました!大変心強かったです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【Tastingクラファン記念「今を本音で語る生配信!」】

急遽10月14日から17日まで、4夜連続生配信を行います! zoom&青木瞳 Facebook Page Live&Tasting YouTube Liveで同時配信! アーカイブはTastingのYouTube Channelに残します。 zoomはウェビナーではなく一緒に入れるようにしました* 10/14 21〜22時 day1/クラファン終了まであと3日! 「Tasting活動の本質〜関係ないと思っているあなたにも〜」 https://youtu.be/U9c8N7YIzkI 10/15 21〜22時 day2/クラファン終了まであと2日! 「オンライン秋祭り前夜祭〜障害を持っていない人へ/障害を持っている人へ」 https://youtu.be/RMrQj2bkGg0 10/16 21〜22時 day3/クラファン終了まであと1日! 「オンライン秋祭り後夜祭〜一緒にいるようで一緒にいなかったわたしたちが手を繋ぐ〜」 https://youtu.be/7VyBGg7KGgU 10/17 21〜22時 day4/クラファン最終日! 「クラファン最終日本当にありがとう!今伝えたいこと/支援者さまハロウィンと今後について」 https://youtu.be/fCs_z5UcNUY ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



重複しますがまだ終わってないし、これをきっかけにこのプロジェクトをより知っていただき、応援いただいたり関わったりしてくださる方が増えてほしい、というクラファンなので、このクラファンで得たものを存分に活かして、次のステップに進みたいと思います。 100%達成はできませんでしたが、それは本当に悔しかったですが、一番大事にするべきことは、上記のことなので、本当に悔しかったですが(2度目)、わたしたちの理念(本サイト内「ABOUT」をご覧ください)は「Positive 前向き」「Update 更新する」ということで、その通りにやっていきます。


書いても書いても書き足りないのですが、だらだら長くなっても読みにくいと思いますので、今回はこの辺で。



今後のわたしたちにも、どうぞご期待ください!(と、自信を持って言いたいと思います!)



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは! 「Tasting Tourette&Friends」の青木です。 日本は4/1になりました! 新年度・新生活など、スタートを切られるあなたは、いい流れになることを願っております。 特に何もないあなたも、新しい月の始まりですし(新月でもあります)、周りのフレッシュな雰囲気に乗っちゃいましょう* また日本で注目すべきは、「成人年齢」が今日より引き下げになることかと思います。 ケータイ・ク

こんにちは! 「Tasting Tourette&Friends」の青木です。 今日東京は、寒くて雪も降っており(!)、突然真冬に戻ったような天気でびっくりしています。 数日前は22度だったりしたんですが、どういうことでしょうか… こういう時はひとまず、傘を使うなどの天気対策と、暖かく過ごすホッカイロの用意や暖かい飲み物を飲むなどの対策を、できるだけ細々とやってみてください。 (今日日本では節電を

こんにちは! 「Tasting Tourette&Friends」の青木です。 今日、東日本大震災から11年経ったとのことです。 当時、わたしは東京にいたけど、しばらくの期間本当に怖くて、普段は一人でいることも好きなのに怖すぎて、一人でいられなかったりしました。 近しかった方や知人のご家族が現地で被災してしまい、その様子も聞いていました。 原発の怖さや先行きの不透明さも相まって、様々な価値観が行き